HOME>美術館がリニューアル>美術館がリニューアル

愛知美術館の改修の終了とイベント

愛知芸術文化センターは、複合施設となっており愛知美術館・愛知芸術劇場・愛知県文化情報センターなどを有していたのです。1992年から名古屋都心にありバスターミナルや駅とも直結しているため、愛知県民ならば知らない人のいない施設となっており、様々なイベントが催されてきました。その愛知芸術文化センターは開館25周年を迎えた2017年を契機に大型改修工事を実施していたのです。そして、8階と10階と12階が愛知美術館となっていますが、改修中は8階部分しか一般開放されていませんでした。それが、2019年4月2日にリニューアルオープンして全館再開となりました。改修されたものは主に安全対策として天井脱落対策、展示物をより楽しんでもらうための床や照明の施設更新、トイレの洋式化などがあります。利便性・安全性とともにグレードアップして帰ってきたわけです。そのリニューアルオープンを記念して、様々な催し物が行われる予定となっています。例えば、愛知の美術の100年歴史に触れることができる「アイチアートクロニクル1919-2019」、パフォーマンス跡地を巡るウオーキング企画やギャラリートークなどです。従来では施設の関係で展示できなかったアートも設置できることとなったため、今後は県内外から幅広い人々から愛知美術館でアートを触れてもらうことができるでしょう。